ECサイト構成と売上アップ施策~商品ページへの誘導とCTRの改善~


売上をあげるための施策はさまざまですが、そもそもECにおいて売上をあげるためには何が必要なんでしょう?今回はECのサイト構成の点から記載します。


今回の記事の目次

  • ECサイトでの訪問者の動きを理解、分析する

  • 商品ページを見なければ、購入はできない

  • 商品ページへの導線づくりと方法

  • 商品ページへの導線作りで大切な指標は何か?

ECサイトでの訪問者の動きを理解、分析する

ECサイトの構成を大きくわけると下記の通り。

  1. TOPページ

  2. コンテンツページ/キャンペーンページ

  3. 商品カテゴリページ

  4. 商品ページ

  5. 買い物カゴ

  6. 注文完了ページ

ここでまず、注目したいのが、訪問者が1~3に訪問しても購入することはできず、

また4~6については、購入に関する重要なページとなる。


要するに、商品ページにいかに多くの訪問者を誘導するか?が売上に大きく左右します。

つまり、商品ページから、買い物カゴ、注文完了ページを把握することが最初のスタート地点といえます。

商品ページを見なければ、購入はできない

FanplayrのECサイト分析では、商品ページへの訪問数、また買いもカゴへの到達、また購入したか?(CV数)を一目で把握できる解析データも備わっております。


商品ページへの誘導、かご落ち分析

<補足ご説明>

例えば、訪問者のうち直帰しなかった訪問者は、上記でいうと407,604となります。そこから、商品ページへ到達した訪問者は313,227(全体の76.85%)。さらに買い物カゴに到達した訪問者は30,955(9..88%商品ページにアクセスした訪問者のうち)という形で一目でECサイト構成に対する訪問者の状況を理解することが可能です。


よくCVRいくつですか?の話もあがるかと思いますが、計算式としては下記の定義かと思います。


CV(注文数)÷サイト全体SS=CVR


ここでも、サイト全体SSのを分解して、このうち何%が商品ページまで到達しているか?が重要であり、当然のことながら、商品ページの閲覧割合が高ければ、CVRは改善され、また商品ページの閲覧割合が低ければ、CVR大幅なアップは見込めないと考えられます。


商品ページへの導線づくりと方法

コンテンツページやキャンペーンページ、また商品カテゴリページから、商品ページへの誘導をはかることが一般的です。そのうえで、より訪問者に最適な商品を提案することが商品ページへの誘導に繋がります。


では、どのような商品を載せるべきか?


さまざまな解析や分析により、導き出される商品の候補は結局のところ"売れている商品"ではないでしょうか?"売れている商品"の定義もさまざまありますが、解析や分析に時間をかける必要はなくオススメしたいのは、やはりレコメンド機能の利用となります。


レコメンド機能を使えば、ONE to ONEマーケティングを実現することができ、訪問者ひとりひとりにあった最適な商品を提案することでき、結果商品ページへの誘導率が高くなります。


商品ページへの導線作りで大切な指標は何か?

コンテンツページや、キャンペーンページ、また商品カテゴリページで、商品が何回表示され、何回商品ページへの誘導できたか?が重要な指標となります。


商品ページ誘導数÷商品表示回数=商品誘導率(CTR)


現実的に分析には時間がかかりますが、これもレコメンド機能をつかえば、容易に分析することが可能です。またレコメンド経由のCVRや顧客単価も容易に把握することができ、商品ページ誘導数アップに大きく貢献します。


商品ページへの誘導施策のご相談もファンプレイヤーでは承っております!是非、お気軽にご相談くださいませ。

Fanplayr AI レコメンドに関する記事


利益構造を改善するデジタルプラットフォーム

Fanplayr

Fanplayr

Fanplayr News Letter

海外記事や最新機能をご案内させていただきます。

© 2021 JAMU Inc. All Rights Reserved.