ファネル分析でCVRを改善しませんか?

ECサイトやWEBサイトへの流入数を多くして、CV数を獲得したい。そんな思いから、さまざまなマーケティング施策やWEB施策を実施し、WEB販促活動を強化した。ただ思いのほか、CVにつながっておらず、かえってCVRが下がってしまった。こんなケースございませんか?今回はファネル分析について記載したいと思います。


ファネル分析についてこんな方にオススメ!

  1. ファネル分析とは?

  2. なぜ?ファネル分析が重要なのか?

  3. CV数やCVR改善への工夫とは?

ファネル分析とは?

ファネルとは、漏斗(ろうと)を意味しており、要は液体を口の狭い容器に移したり、濾過(ろか)したりするときに使う器具のこと。逆三角形のような形ですね。

ファネル分析をECサイトやWEBサイトで行う場合、商品購入完了ページや会員登録完了ページ、メルマガ登録完了ページなど、ゴールとなるページまでのページ遷移やプロセス毎の離脱率もしくは到達率を分析し、どこで訪問者またユーザーが離脱しているのか?次のページへの到達率はどのくらいなのか?を確認する分析手法のことです。


なぜ?ファネル分析が重要なのか?

ファネル分析を行えば、購入完了ページまでのページ遷移やプロセスでの離脱率を把握できます。たとえば、同じ訪問者数でも、離脱率改善によりページ遷移上での離脱率を低下させることができれば、結果的にゴールページである購入完了ページへの到達率が大きくなる、つまりCV数が多くなり、CVRアップに貢献することができす。

(離脱改善を行った上で集客数や流入数を大きくすれば、より高いCV数またCVRアップが期待できますね!)


さて、ここからはファネル分析について具体的にみていきましょう。

ECサイトで、ゴールページが購入完了ページとして、ご説明しますね。



上記の図をご覧ください。


ECサイトの構成を表しています、ざっくりですが。ECサイトの構成として、TOPページ、カテゴリページ、コンテンツページ、キャンペーンページなどがあります。ここまでの導線は複雑ですが、ECサイトの構成として確実にあるのが商品ページ、買い物カゴ、購入完了ページとなります。


当然のことですがTOPページまたコンテンツページ、カテゴリページにいくら訪問しても、流入数を集めても、商品ページを見ずには商品を購入することができません。


従って、次の3つがポイントになります。

  • いかに商品ページへのアクセスを集めるか?

  • 商品ページまでの離脱を少なくするか?

  • また商品ページでの離脱率を少なくするか?


Fanplayrのファネル分析機能の一つを使いご紹介します。



上記のファネル分析を例に、流入してきた訪問者数、商品ページへの到達数、また買い物カゴへの到達数、そして最後に購入完了ページまでの到達率を把握することが可能です。


どこで離脱率が多いのか?そもそも商品ページに、全体セッション、全体訪問数のうち何%が到達しているのか?把握することはCV数またCVR改善の一歩となります。


<関連記事FAQ>

買い物完了ページまでの訪問者の推移、ファネル分析を実施したい。

https://www.fanplayr.jp/post/analysis_faq7


CV数やCVR改善への工夫とは?

ファネル分析を使い、TOPページまたコンテンツページ、キャンペーンページ、カテゴリページの離脱率の改善をはかり、商品ページへの流入数を増加させましょう。

ここでポイントとなるのが、商品ページから買い物カゴページまた商品購入完了ページへの離脱率が低い、また直帰率の低い商品ページへの誘導が大切です。離脱率また直帰率の管理も重要ですが、そもそもこの2つの基準が低ければ、下記の計算式のCVRは高くなる傾向にあります。


購入完了ページ÷商品ページSS=CVR


上記の計算式のCVRが高い商品を選定し、CVRが高い商品でコンテンツまたキャンペーンを構成することで、CV数またCVRアップをねらいます。さらに、情報商材のように在庫がない場合はよいのですが、いわゆる物販、在庫がある商品については欠品がないように注意が必要です。


今回はファネル分析について記載いたしましたがいかがでしょうか。

Fanplayrでは、ファネル分析や他解析機能も豊富にそろえており、アクション前の分析にかかる工数が大幅に短縮できます。またサイト内施策やマーケティング施策など、売上アップや利益確保、新規顧客獲得のご相談も承っております。是非、お気軽にご相談ください。



利益構造を改善するデジタルプラットフォーム

Fanplayr