ハニーズ(日本:レディースファッション)

送料無料のご案内でクロスセル、客単価1.1倍に引き上げ     


ハニーズホールディングスの傘下で、レディースアパレルを展開するハニーズ(本社福島県、江尻英介社長)は「高感度・高品質・リーズナブルプライス」を商品コンセプトに、大人のためのおしゃれ着ブランドの「グラシア」、普段着からお出かけ着まで様々な用途にお応えする「シネマクラブ」、流行に遊び心を加えたヤングカジュアルブランド「コルザ」を幅広い世代のお客様に多様なライフスタイルを提案するアパレルブランドです。

ハニーズは、全国の商業施設を中心に871店舗(2022年5月31日現在)を展開し、お客様視点による「高品質な商品、丁寧な接客、 居心地の良い店舗」の実現のほか、新しい時代のサービスとして自社WEBサイトの充実にも取り組んでいます。


<公式通販サイト「Honeys Online Shop」>


導入の背景

公式通販サイト「Honeys Online Shop」では、1サイトでコンセプトの異なる3つのブランドを扱っていることから、嗜好の明確に異なるユーザーが混在して訪れます。ユーザーに対して、「服の好み」というセグメントを明確に判定し、パーソナライズされた顧客体験を提供したいとお考えでした。

導入前は、キャンペーンなどの施策を実施するものの、分析のノウハウや人員が不足していたことから細やかな振り返りができておらず、内容が慢性化しているという課題をお持ちでした。お客様一人ひとりに向けたサービスが重要視される中で、いくつかのツールを比較検討されていました。

Fanplayrでは分析の内容や施策運用のサポートするという点で、運用リソースの課題が解決できると判断され、導入に至っています。

また、分析ノウハウを社内に蓄積したいご要望もあり、解析メニューが豊富なプロダクトと、定例でレポーティングを実施するサポート体制も評価をいただきました。


導入後の取り組み


導入後は初回の解析レポートでの現状把握や課題抽出を経て、以下の施策を2つ実施しています。

1つめは自社サイトでも従来から行っていたインセンティブを付与するキャンペーン施策での購入の引き上げです。ABテストによってキャンペーン施策を表示するユーザーと、表示しないユーザーの比率をコントロールして成果の良し悪しを評価しています。その結果、表示したことにより、そのセグメントでの売上は1.5倍、CVRは167%にもアップしています。


2つめは送料無料のボーダーをご案内することです。4,000円以上のご購入で送料が無料となりますが、買い物かごが特定の金額以下のユーザーに4,000円以上のご購入で送料無料になるポップアップを表示しています。表示されたポップアップ内には「~500円・~1,000円・~1,500円」のように価格帯を分けた商品ページに遷移するボタンを配置することで、ユーザーのご予算に応じた選択がしやすい導線を設け、追加購入を促進しています。

結果は、このポップアップをクリックしたセグメントでは2品目の購入数が1.5倍となり、客単価も1.1倍に引き上がり、追加購入と客単価アップに成功しています。


<送料無料ご案内のポップアップとその効果>


お客様の声

Fanplayrは、他社と比較してローコストにもかかわらず、分析の内容や施策運用をサポートいただけるサービスが充実していたことが導入の決め手でした。

多様な分析を実施かつ施策提案を頂けるとのことだったので、その内容を基にサイトを改善していきたいと思っています。


導入後は、まずサイト内の顧客行動から、「カート投入率UP」と「かご落ち率DOWN」を目指した施策の実施をご提案いただきました。弊社ではクーポン発行とウィジェット素材の用意をし、セグメント内容の検討や設定はFanplayrご担当様にお任せして、施策を実施しています。どちらも“購入を迷われているお客様”をセグメントして実施したものであり、効率的に売り上げを上げることができました。

月一回の定例会で細やかなフォローを頂きながら実施しており、自社では大幅に作業工数を増やすことなく導入、活用ができています。


今後は、商品やコンテンツの露出など、価格訴求とは別のアプローチも模索していきたいと考えています。既に複数のご提案をいただいているため、その中からできることを一つ一つ実施してまいります。

(株式会社ハニーズ 横田様・吉田様)

 

導入企業:株式会社ハニーズ

業種:レディースアパレル

導入サイト: レディースファッション通販のハニーズ

 

利益構造を改善するデジタルプラットフォーム

Fanplayr

​資料のご請求

​必要事項をご入力の上送信してください。