"クーポンばらまき"で、利益率を下げていませんか?


ECの販促施策の1つにクーポン配布やポイントプレゼント施策があり、売上アップやCVRアップには有効な施策です。ただし、不要に配りすぎると当然のことながら利益率は下がり、その後もクーポンなしでは売上確保が難しくなる傾向があります。では、誰にクーポンを配ればよいか?今回はこの点について記載いたします。


こんなお悩みがございませんか?

  • 一時的に売上は上がったが、利益率が下がってしまった。

  • クーポンなしでは、リピートもしなくなってしまった。

  • 誰にクーポンを上げたらよいか?わからない。

一時的な売上は上がったが利益率が下がってしまった。

WEB接客ツールでクーポンを配布する施策は有効な手段の一つですが、セグメントをしっかり検討しなければ、利益率が大きく下がってしまいます。セグメントせずに配布する手段が、いわゆる"クーポンのばらまき"施策です。


ECサイトへの訪問者全員にクーポンを配布するので、言い換えれば、ECサイトで扱っている商品全ての値下げ施策ということです。単純に値下げするわけですから、CV数やCVRは一時的に増加傾向となりますが、あくまで一時的であり、さらには値引きしているため利益率は低下します。


クーポンなしでは、リピートもしなくなってしまった。

クーポンを配り続けることで、利益率低下よりも厳しい状況が、クーポンなしでは購入されないという状況です。CVRが低下傾向になり、売上も減少傾向になります。


誰にクーポンを上げたらよいかわからない。

では、どのようにクーポンを配布すべきでしょうか?

お客様を次のようにセグメントしたとしましょう。



購入意思のあるお客様へのクーポンは不要です。

また離脱するお客様、買わないお客様へのクーポンプレゼントも不要です。


クーポンをプレゼントすべきお客様は、"購入を迷っているお客様"です。


Fanplayrの分析機能では、購入されるタイミングなども分析できます。このような"購入を迷っているお客様"の洗い出し、セグメントができます。


またセグメントした"購入を迷っているお客様"のみにWEB接客等でアプローチし、最適なタイミングでクーポンをプレゼントすることができます。


この方法であれば、"クーポンのばらまき"による、利益率の低下を防ぎ、CVRアップが実現できます。


Fanplayrでは、売上獲得利益獲得また新規獲得の施策のご提案や、多くの運用実績があります。ECサイト内の施策やマーケティング施策のご相談も承っておりますので、是非お気軽にご相談ください。


利益構造を改善するデジタルプラットフォーム

Fanplayr