CPM分析とは?~ RFM分析とCPM分析の違いは何? ~



CPM分析とは?


CPM分析とは、CPM(Customer Portfolio Management:カスタマー・ポートフォリオ・マネジメント)の略で、CPM分析のやり方として購入顧客を下記の10個のセグメントに分け、顧客育成(ナーチャリング)を行う手法また分析となります。

またセグメントの基準として、在籍期間在籍期間での購入金額また一定期間購入がない(離脱期間)を設けてセグメントします。


CPM分析セグメントの種類

  1. 初回客

  2. よちよち客

  3. 流行客

  4. コツコツ客

  5. 優良客

  6. 離脱初回客(一定期間購入がない初回客)

  7. 離脱よちよち客(一定期間購入がないよちよち客)

  8. 離脱流行客(一定期間購入がない流行客)

  9. 離脱コツコツ客(一定期間購入がないコツコツ客)

  10. 離脱優良客(一定期間購入がない優良客)


RFM分析とCPM分析の違いは何か?


いずれも既存顧客の分析となりますが、大きくは、短期的視点の戦略か?長期的視点の戦略か?となります。またCPM分析は顧客育成を目的としてるため、在籍期間という定義を設けていることが大きな特徴といえます。


そもそもRFM分析とは?

RFM分析とは言葉どおり、下記の3つから顧客をランク付け、グルーピングし購買状況、既存顧客を分析します。具体的には最近の購入日、購入頻度(購入回数)、購入金額の3点となります。RとFとMのスコアリングにより、スコアが高い顧客を優良顧客と定義し、購入確率の高い顧客へアプローチが可能となる手法です。

  • Recency (最近の購入日)

  • Frequency(購入頻度,購入回数)

  • Monetary (購入金額ボリューム)


・RFM分析 メリット

スコアの高い顧客(直近で、購入回数が多く、購入金額が大きい)に積極的にアプローチできるので、スコアの低い顧客と比べると、高い確率で購入してくれるメリットがあります。短期的に売上を伸ばしたい場合には非常に効率的な手法となります。


・CPM分析 メリット

優良顧客への育成、顧客育成(ナーチャリング)を目的としており、短期的に購入回数が多く購入金額の大きいお買い物をされている顧客の見える化というよりは、購入金額は少ないが、長期間また定期的に購入している顧客を見える化します。長期的な視点でアプローチを行い、顧客育成を行えるメリットがあります。



< 関連記事 >


Fanplayr概要
 

Fanplayrの独自のSaaSテクノロジーサービスは、小売業のeコマース、オンラインショップ、旅行、通信、自動車会社、銀行、エネルギー、保険、エンターテイメント、BtoC、BtoBなど、幅広い市場の垂直方向のビジネスに電子商取引の収益を促進し、リードを向上させます。ウェブユーザーの行動データを分析・解析し、コンバージョンファネルの中で新たな価値を実現できる部分を特定し、人工知能、機械学習、カスタムビジネスルールセットを使用して、ファーストパーティのウェブサイト訪問者のデータ・イン・モーションを取得して適用し、高度にセグメント化されたターゲットを絞ったコンテンツやインタラクションを提供してCV(コンバージョン)を最適化し、その他の希望するビジネス成果や定義されたパフォーマンス、KPI・指標を達成します。


Fanplayrのミッションは、eコマース、オンラインショッピング、ウェブサイトやサービスにリアルタイムのインテリジェンスと実用的な洞察を提供し、訪問者の行動をパーソナライズできるようにすることで、「行動データを実用的なものにする」ことです。
 

Fanplayrのサービスは、訪問者の行動を分析することで訪問者の意図を理解し、リアルタイムでパーソナライズされた体験、ONE to ONEマーケティングを提供することで、企業が訪問者を理解し、対話できるようにします。Fanplayrのサービスは、CVR(コンバージョン率)、AOV(平均注文額)、1訪問あたりの収益、新規顧客獲得率などのKPI・指標を大幅に向上させ、訪問者の体験を向上させ、ロイヤルティの向上を促進します。

Fanplayr News Letter
海外記事や最新機能をご案内させていただきます。

© 2020 JAMU Inc. All Rights Reserved.