今のレコメンドで満足ですか!? Fanplayr AIレコメンドで売上増をはかりましょう!


Eコマースにおいてレコメンドを利用されている企業さまは多いです。ただ一度導入してそれっきり、という事例も多いのが現状です。レコメンド経由で、どれだけ売上に貢献しているか?また最適な商品を提案し、レコメンドがクリックされているか?などFanplayr AIレコメンドでは分析も可能です。AIレコメンドを導入し、目標である売上獲得をはかりませんか?


売上=①CVR×②PV(SS)×③AOV

今回は目標である売上を上記のように分解、また定義させて頂き、AIレコメンドの特徴と合わせて記載します。


①CVRのアップが見込めるAIレコメンドは?


レコメンドの種類

"あなたにオススメの商品はこちら"


AIレコメンドの中でも、とくにCVRアップに期待ができるAIレコメンド表示方法となり、ユーザーひとりひとりに合わせた提案、レコメンド版 ONE to ONEマーケティングを実現します。またFanplayrのWEB接客と組み合わせることで、WEB接客バナー上でもAIレコメンドを表示することも可能。セグメントをしての表示は勿論、掲載場所を選ばず、ユーザーへのリーチ数も確保しCVRアップに貢献します。


②回遊性をあげることでPV(SS)アップ!


レコメンドの種類

"この商品をご覧のお客様はこの商品も好き!"


AIレコメンドの中でもCTRアップ(SSアップ、回遊性アップ)に期待ができるレコメンド表示方法となります。顧客行動、また閲覧履歴等にもとづき、商品ページにて関連する商品をレコメンドすることで、回遊性アップをはかります。商品ページ間での回遊が高まれば、サイト内でのセッションやPV数の増加はもちろん、リターゲティング広告(閲覧商品リターゲティング)のターゲティング候補ともなり、高い相乗効果がみこめます。


③AOVのアップが見込める(クロスセル強化)


レコメンドの種類

"この商品を買っている人は、こちらの商品も買っている"


CTRまたCVRとも期待できるレコメンド表示方法となります。商品ページやショッピングカートページでレコメンド表示することで“ついで買い”を促進し、AOV(顧客単価)アップに貢献します。従来のレコメンドとは異なり、AIレコメンドでは、最適な商品の提案を行い、質の高いオンラインショッピング体験を提供します。


FanplayrのAIレコメンドは、Google Recommendations AIを搭載しており、最適な商品の提案が可能です。またレコメンドの効果はどうだったのか?レコメンドの効果検証も、もちろん可能です。一般的にレコメンドをクリックしたユーザーは、CVRまたAOV(客単価)が高い事が特徴です。AOV高い、つまりLTVアップにもつながります。Fanplayrでは、売上獲得、利益獲得、新規顧客獲得についてのご相談も承っております。是非お気軽にご相談ください。


補足記事

AIレコメンド 関連記事

© 2020 JAMU Inc. All Rights Reserved.