top of page

Web接客のメリットと導入時に気をつけるポイントとは?

Web接客によって、ポップアップや埋込バナーなど、サイトを訪問しているユーザーに対して視覚的にわかりやすく、魅力的なコンテンツを案内することで、さらなる回遊を産むことができます。結果的に、サイトからの離脱を防いだり、コンバージョンアップに貢献できる機能です。様々なサイトで見かけるようになりましたが、導入する際のメリットやポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?


<様々なWeb接客のパターン>


Web接客の導入によるメリット

1. コンバージョン率の改善

Web接客ではポップアップや埋込バナーによって、ユーザーの回遊やコンバージョンを促すような訴求をすることができます。特にユーザーの行動や興味・関心ごとに訴求するコンテンツを出し分けることで、効果的にコンバージョンを引き上げることが可能です。


2. コンテンツ反映のコスト削減

Web接客を活用することで、コンテンツをフロントに掲載する際のコストを削減することができます。例えばCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の機能や、ECサイトのカート機能などにもよりますが、コンテンツを掲載する際に、デザイナーやマーケターがフロント画面に反映する際のコストが発生します。Web接客では用意したコンテンツをかんたんにフロントに反映できるため、コストを削減することができます。

また、テンプレートを利用することでコンテンツそのものを準備する手間も省けます。


Web接客を導入する際に気をつけるポイント

このようにサイトユーザーにとっても、運営者にとっても便利なWeb接客ですが、導入する際に気をつけるポイントがあります。


1. CMSやカートシステム等のプラットフォームとの相性

Web接客を導入する際には、最適なプラットフォームを選択する必要があります。Web接客で実現したい施策があった場合、導入先のCMSやカートシステムが、そのWeb接客が扱える顧客の属性や、行動から得られるデータをそもそも保有しているかどうかが重要です。

保有していない場合、Web接客ツールにデータを連携することができず、意図した施策が行えない可能性があります。


2. Web接客として表現できる幅

ユーザーに対しては様々な訴求方法が考えられます。導入予定のWeb接客で、意図したデザインでの訴求が可能かどうかが重要です。テンプレート的に決められた訴求方法も大事ですが、ある程度柔軟に仕様を決められ、訴求方法をチューニングできたほうが良いです。単にポップアップだけではなく、埋込バナー形式で表示できるかや、表示するウィジェットのなかにURLやボタンを複数配置できるか、細かいセグメント設定ができるかなどに注目すると良いでしょう。


Web接客を導入することで、ユーザーとのコミュニケーションをより効率的に行うことができます。しかし、導入時にはプラットフォームとの相性、表現できる幅などを考慮して、適切に選ぶ必要があります。


実際に導入するフェーズや、実施したい施策がある場合はWeb接客のデモを見ることである程度実現できる幅のイメージを固めると良いでしょう。

Comentarios


利益構造を改善するデジタルプラットフォーム

Fanplayr

​サービス概要資料のご請求

​必要事項をご入力の上送信してください。

bottom of page